USB-RS232C変換モジュール

USB-RS232C

USB-RS232C変換モジュール

●USB-RS232C変換モジュールとは?

「USB-RS232C変換モジュール」はRS232C接続する周辺機器をUSB接続にできるUSB⇔RS232C変換アダプタです。RS-232インターフェイスを持つ装置などを繋いでご利用いただけます。
また、RS232CデバイスをUSB接続にできるので、Plug&Play対応、本体リソースを消費しない、接続台数の制限が緩和されるなど、USBのメリットである「取り扱いやすさ」でRS232Cデバイスをご利用いただけます。
RS232Cポートを持っていないノートパソコンでもRS232C機器をご使用いただくことができます。

●USB-RS232C変換モジュールの主な特長

■様々なRS232Cインターフェイス機器に対応
・USB-RS232C変換モジュールを使えば、本体にCOMポート(もしくはRS232Cポート)を持たないノートパソコンでも、USBポートでRS232C機器の接続が可能になります。

■各種OSに対応
対応OS : Windows Vista,7,8,10(32ビット版)

■Plug&Play対応
・USB接続となるので、RS232C接続機器も取り付け、切り離しが自由自在となります。
※ご使用のアプリケーションソフトにより取り外しできない場合があります。

■仮想COMポート対応
・「USB-RS232C変換モジュール」には、通常のUSBデバイスクラスドライバーのほかに、「仮想COMポートドライバー」が付属していますので、RS232C通信用アプリケーションを変更することなくUSB経由で通信することができます。
※通信用COMポートを固定で割り当てているアプリケーションではアプリケーションの変更が必要となります。

標準販売形態の他に、基板単体での販売、回路図やファームウェアのライセンス販売等も行っております。

※詳細については、お問い合わせください。