デバイスクラス

同様の機能を持つ機器に対して、構成や転送プロトコル定義を標準化した仕様群です。
USBデバイスのインターフェイスの標準化により、パソコンのドライバーも標準化が可能となります。
このため、代表的なデバイスクラスは、各種OS(Windowsなど)にて標準でサポートされていますので、ベンダー(メーカー)側で、ドライバーを用意しなくても使用することが可能です。

◆HID(HumanInterfaceClass)クラス

「キーボード」、「マウス」、「ジョイパッド」等の入力機器に使用されています。

◆マスストレージクラス

「USBメモリー」、「カードリーダー」、「ポータブル音楽プレーヤー」(一部)などの機器に使用されています。
リムーバブルメディアドライブとしてパソコンへ認識し、メモリー内容をファイルとしてみることが可能です。

◆オーディオデバイスクラス

「スピーカー」、「マイク」などのオーディオ入出力機器に使用されています。

◆ハブクラス

「USBハブ」に使用されています。
デバイスマネージャーでは「汎用ハブ」として表示されます。

USB開発の効率アップはこちら