マスストレージクラスコマンドセット

マスストレージクラスではSCSI、ATAPIなどのコマンドを用いており、デバイスによって使用するコマンドの種類や細かい部分の仕様に違いがあります。

デバイスはコマンドセットを指定することで、どのようなコマンドを用いるのかを指定することができます。主なものとして以下のようなコマンドセットがあります。

  • SFF-8020i/MMC-2(ATAPI)コマンドセット
  • USB Floppy Interface(UFI)コマンドセット
  • SCSIコマンドセット

USBフロッピーディスクドライブではUFIが使用されています。

USBメモリーやUSBカードリーダーではSCSIコマンドセットが、USB CD/DVDドライブではSFF-8020i/MMC-2(ATAPI)またはSCSIコマンドセットが使用されているものが多いようです。

USB開発の効率アップはこちら