エンドポイントとは

エンドポイントとは「通信端点」です。

USBは物理的にシリアル通信ですが、USBコントローラーにエンドポイントを複数持つことにより、ソフトウェアは複数の通信経路として認識することが可能です。

このようにすることで、エンドポイントごとに独立した通信を行うことが可能となります。USBデバイスは複数の全二重通信を行うことが可能となります。

ただし、物理的な通信経路は固定のため、エンドポイントを複数使用すれば、その分だけ通信オーバーヘッドは増大します。

エンドポイント

USB開発の効率アップはこちら