miniファイルシステム

少ないROM/RAMで動作するFATファイルシステム

(mini-FILE)

機能を絞り込むことにより、占有メモリーサイズを小さくしたファイルシステムです。

ローパワーなCPUで、FATファイルを使用したい場合に最適です。

特長

■FAT12/FAT16/FAT32/VFATに対応
■コンパクト設計により省メモリを実現
■μITRON環境とOSレスでの環境に対応
■一般的な同期型のAPIのほかに、非同期型のAPIにも対応
■必要最低限に絞ったAPI群

API

関数名 内容
ファイル/ディレクトリー操作関連
f_mkdir ディレクトリーの作成
f_open/f_close ファイルオープン/クローズ
f_read/f_write ファイル読み出し/書き込み
f_format ディスクフォーマット(簡易)
FileSystem初期化/終了/マウント/アンマウント関連
ITF_FileSystemInit/~End FileSystemの初期化/終了処理
disk_mount/~unmount ディスクのマウント/アンマウント

制限事項

■ファイル名の全角文字の非対応(ASCII文字のみ対応) ※
■ファイル名(パス名も含む)の文字列長の上限を設定(デフォルト80文字) ※
■HUB非対応
■ドライブ数の上限は1個

占有メモリサイズ

ROM : 約20Kbyte
RAM : 約2Kbyte

上記サイズは、ご使用になるCPUやソフトウェアの構成により変動します。